「ねぇねぇ。サビオ持ってない?」

突然友人からこう言われたら、あなたは理解できますか?

サビオとは、「絆創膏(ばんそうこう)」のことです。北海道、和歌山県、広島県、新潟県佐渡島など、日本の一部の地域では、絆創膏のことを「サビオ」と呼ばれる方もいらっしゃるようで、この瞬間、この友人の出身地が見えてきます。 おもしろいことに、絆創膏は地域によって呼び方に違いがあるようで、それをまとめたのが上の地図です。

「ばんそうこう」を除き、いずれも絆創膏の商標名で、おそらく、そのエリアで最も普及した(もしくは認知された)商標名が、「絆創膏」を指す言葉として使われているようです。ステープラーのことを「ホチキス」、コピー機のことを「ゼロックス」、ラップのことを「サランラップ」という人がいるのと同じ現象だと思われます。

 ばんそうこうの呼び方でわかる あなたの出身地

絆創膏で面白いのは、「バンドエイド」、「カットバン」、「サビオ」、「リバテープ」そして、富山県限定の「キズバン」など、商標で呼ぶというだけでなく、地域ごとに呼び方として使われる商標が違っているという点です。 日本各地で、実に様々な呼び方が入り乱れているのが非常に面白いポイントだと言えます。

サビオ

地 域
北海道、新潟県佐渡島、和歌山県、広島県など

サビオは、元々はスウェーデンのセデロース社の絆創膏ブランドです。セデロース社は、1963年に、ニチバン株式会社を通して日本市場に進出。その後、サビオブランドは、ライオン歯磨株式会社【現:ライオン株式会社】に譲渡され、全国で販売されました。(製造会社は阿蘇製薬株式会社

2002年にサビオブランドの絆創膏は販売が終了となりましたが、北海道、和歌山、広島など 一部のエリアでは、いまだに絆創膏のことをサビオと呼ばれる方もいらっしゃるようです。

カットバン

地 域
青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、山梨県、岡山県、鳥取県、島根県、山口県、愛媛県、高知県、佐賀県、長崎県、鹿児島県など

カットバンは、佐賀県に本社のある祐徳薬品工業株式会社の商標です。1961年から発売されている老舗ブランドで、東北地方や中国・四国地方で、よく認知されているようです。

バンドエイド

地 域
群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、香川県、徳島県など

バンドエイドは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の商標です。全国で大々的にテレビコマーシャルを展開していることもあり、絆創膏のことを「バンドエイド」と呼ぶ人は、全国に広く分布しています。特に都市部での認知度が高いのが特徴です。

絆創膏は1920年に、ジョンソン・エンド・ジョンソンの社員であったアール・E・ディクソンが、家事に不慣れな新妻の為に考案、開発したとされています。

リバテープ

地 域
奈良県、福岡県、大分県、熊本県、沖縄県など

リバテープは、熊本県に本社のあるリバテープ製薬株式会社の商標で、発売開始は1960年という老舗ブランドです。名称の由来は、消毒薬「アクリノール」を、当時製薬大手の三共【現:第一三共株式会社】が、「リバノール」の商標名で販売しており、その「リバノール」を付けたテープというところから生まれたようです。

キズバン

地 域
富山県など

なぜ富山県だけでキズバンと呼ばれているかについては、色々と調べてみましたが、明確な理由は分かりません。「ライトキズバン」という商品が販売されているのですが、富山県との直接の関係はなく、これが由来なのかを裏付けるものはありません。また、その他にも「キズに貼るばんそうこう」を略したものからきているのかなど、諸説あり、本当の理由は明らかになっていません。

ただ、「キズバン」と呼ぶ人がいたら、富山県のご出身ですか?と聞いてみると、ビックリされるかもしれませんね。